保健所営業許可及び深夜営業許可に必要な書類や申請書の書き方について解説しています。東京都を中心に年間300件以上の飲食店から相談を受けております。

MENU

飲食店の新規開業資金(創業融資)にチャレンジ

  • HOME »
  • 飲食店の新規開業資金(創業融資)にチャレンジ

創業融資について

飲食店の新規開業資金(創業融資)

創業融資制度とは、これから新規で飲食店を開業する方や飲食店を開業して間もない方むけの融資制度になります。

飲食店を始めたいけど、「資金に不安がある・・・」という方は是非このページをご覧下さい。

創業融資のイメージ

創業融資は実績が無くても利用できます

創業融資の利用者の約4割は飲食店経営者様

 無担保&無保証で利用できる融資制度

飲食店の創業支援

飲食店を新規に開業するにあたっては事前にしっかりとした準備をしなければなりません。当たり前のことですが、飲食店は開業することがゴールじゃありません。開業してからが本当の勝負になります。同じような飲食店がたくさんある時代で、あなたのお店が生き抜いていくには開業前にしっかりとした準備をしなければなりません。

そして、この開業前の準備で最も大切なものが「資金の確保」です。

厳しいお話になりますが、飲食店は開業してから1年以内に約5割が廃業するといわれております。そして廃業する理由で最も多いのが資金不足です。当事務所には飲食店から年間200件くらいの様々なご相談があります。そのため、これから新規で飲食店を開業する方若しくは開業して間もない方と会う機会がたくさんあります。

その時にお客様と話をしていて感じるのが、開業前に既に資金に不安があるという方が実に多いということです。

つまり、店舗取得費用や内装工事の段階で既にお金をかけすぎているなど正しい事業計画が作られていないということになります。

しかし、残念ながら、日本政策金融公庫のデーターによると創業融資を利用する方が黒字化するまで平均で約11ヵ月かかるといわれております。このことから、開業前に既に予算を超えてしまっている方や開業時に運転資金が既にない方はこれから厳しい営業を強いられることが予想されます。

このような状態では長年の夢であった飲食店をせっかく開業したとしても、不安や焦りできちんとした営業ができない可能性だってあります。

そこで、このような状況に陥らないためにも、飲食店を新規で開業する場合は少なくても、「設備資金+運転資金2か月分」の資金を確保することが1つの目安とされております。

創業融資金額の目安とは

飲食店は長くやればやるほど固定客がつき経営も安定します。

1日でも長く飲食店を経営するためにも、開業時に資金に不安がある方は是非創業融資を利用することを検討してみてください。

創業融資とは

お気軽にお問い合せください。 TEL 03-6458-2614 営業時間(日曜・祝日は休み)
平日 10:00~18:00
土曜(休みあり) 10:00~15:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

内装工事業者を選ぶポイント

PAGETOP
Copyright © 独立コンサル AJ行政書士事務所 All Rights Reserved.