保健所営業許可及び深夜営業許可に必要な書類や申請書の書き方について解説しています。東京都を中心に年間300件以上の飲食店から相談を受けております。

MENU

深夜酒類提供飲食店営業開始届(深夜営業許可)とは

  • HOME »
  • 深夜酒類提供飲食店営業開始届(深夜営業許可)とは

深夜まで営業するには警察への届出が必要です

飲食店を深夜まで営業するときは

飲食店を深夜0時以降も営業するときは、別途警察署の方へ届出が必要になります。
これを深夜酒類提供飲食店営業開始届(深夜営業許可)といいます。

この届出は一度届出すれば更新の必要はないので、深夜酒類提供飲食店営業開始届の認知度は低いのかもしれません。
しかし、届出なしで深夜営業をすると違法行為です。

実は深夜酒類提供飲食店営業開始届は風営法を法的根拠としています。

風営法はキャバクラ、パチンコ屋、クラブ(踊るほう)などを営業するときに、
必要な風俗営業許可の許可基準を定めている法律になります。

これらのお店が無許可営業や違法営業をして、新聞に取り上げられているのを
知っている人も多いのではないでしょうか?

風営法に違反すると、厳しく取り締まりをされます。

キャバクラやスナックの営業は以下のサイトをご覧ください。

風営法許可申請とは

そして深夜酒類提供飲食店営業開始届も、
この風営法を法的根拠としているため違法行為には罰則が定められています。

禁止行為

しかし、冒頭でもお伝えしましたが、
深夜酒類提供飲食店営業開始届は届出を1回だけすれば済みます。

これから長く安心して営業していくためにも、
深夜酒類提供飲食店営業開始届はオープン時に届出するようにしましょう。

このサイトでは深夜酒類提供飲食店営業開始届の届出書の書き方も
説明しております。

深夜酒類提供飲食店営業開始届出書の書き方

深夜の届出が必要な飲食店

深夜0時以降も営業する店、お酒をメインで提供する店

深夜酒類提供飲食店営業開始届が必要な飲食店

次に深夜酒類提供飲食店営業開始届が必要な飲食店についてご説明いたします。

以下に該当する店舗は、深夜酒類提供飲食店営業開始届の届出は必要ありません。

  • 深夜0時以降は営業しない店舗
  • 主食がお酒以外を提供している店舗

主食がお酒以外を提供している店舗とは、お客さんに提供している飲食のなかで、食べるものをメインで提供している店舗のことをいいます。 

例をだすとファミレス、ラーメン屋、そば屋などをいいます。
どのお店もお客さんにお酒を提供しますが、メインで提供しているのは食べ物だという認知度がありますので、これらの店舗は深夜酒類提供飲食店営業開始届を届出しなくても深夜営業ができます。

届出ができる飲食店

最後に深夜酒類提供飲食店営業開始届を届出するためにはいくつかの条件があります。

詳しくは以下をご覧ください。

届出要件

禁止行為

深夜酒類提供飲食店の届出書を代行します。

お気軽にお問い合せください。 TEL 03-6458-2614 営業時間(日曜・祝日は休み)
平日 10:00~18:00
土曜(休みあり) 10:00~15:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

内装工事業者を選ぶポイント

PAGETOP
Copyright © 独立コンサル AJ行政書士事務所 All Rights Reserved.