保健所営業許可及び深夜営業許可に必要な書類や申請書の書き方について解説しています。東京都を中心に年間300件以上の飲食店から相談を受けております。

MENU

飲食店の創業計画書作成/創業融資を利用するための条件

創業融資を利用するための条件

1.初めてか?

創業融資はこれから開業される方や開業して間もない方は何度でも申し込むことができます。例えば以前に創業融資を断られたとしても、その時のお申し込みから6か月くらい経っていれば再度申し込むことはできます。しかし、1度断られているということは何かしらの問題があると考えられます。その問題を解決しない限りは再度申し込んでも融資を利用できる可能性は低いと考えられます。

2.自己資金があるか?

自己資金とは飲食店を開業するために貯めてきた資金のことです。創業融資はあくまで自己資金で不足している開業資金を補うための融資です。そのため、開業資金を全て創業融資で補うことは基本的にはできません。なぜなら、自己資金が多ければ多いほどそれだけ開業に賭ける気持ちが強いと判断されるからです。

日本政策金融公庫の創業融資では、創業資金総額の1/10以上の自己資金があればよいとされています。つまり、創業資金が500万円かかる場合は50万円以上の自己資金があればよいとされています。

しかし、自己資金が多ければ多いほど金融機関の担当者の評価は高くなると考えられます。

※ 自己資金とは
自己資金とは自分で貯めたお金のことで、借入金や他人からの贈与などのお金は含みません。また、タンス預金などのお金も含みません。あくまで、ご自身の通帳で管理されていて誰にも返済する必要のないお金のことをいいます。

3.ノンバンクからの借入があるか?

自身の生活費のためにノンバンクからの借入がある場合は創業融資を利用できない場合があります。

4.別の会社の取締役や役員などになっているか?

別の会社で取締役や役員になっている場合は創業融資を利用できない場合があります。

5.投機的事業、金融業、一部の遊興娯楽業での開業ではないか?

不動産売買や貸金業など、投機的事業、金融業、一部の遊興娯楽業での開業では創業融資は利用できません。また、飲食店でも風俗営業許可が必要な業種は創業融資が利用できない場合があります。詳しくは当事務所までご相談ください。

6.開業しようとしている業種での経歴があるか?

これから飲食店をはじめる方は飲食店で働いていた経験が重視されます。

突然ですが、仮にあなたが友人にお金を貸す場合はどういう人に貸しますか?その人の人柄や信用などで判断するのではないでしょうか?金融機関の担当者も同じです。面談時にあなたの人柄などを見て判断します。しかし、金融機関の担当者は初めてあなたと会うわけですから、いきなり信用することは難しいといえます。そこで、金融機関の担当者はあなたの今までの経歴をみて、あなたという人はお金を貸すに値するかどうか判断いたします。

この経歴は、これから開業しようとしている業種での経歴のことをいい、長ければ長いほどよいと考えられています。

例えばあなたが飲食店を開業したい場合、今までに飲食店で働いた経験が長いほど、融資を利用できる可能性は高いといえます。一般的には、6年程度の経験があれば融資は利用できるとされています。

7.その他

上記の他にも創業融資が利用できない場合があります。例えば、許認可が必要な業種は許認可を取得してからでないと融資を申し込むことが出来ない場合があります。また、外国人が創業融資を利用する場合は在留資格や在留期限などで制限があります。

以上の1~7の条件をクリアしている方は創業融資を利用できる可能性が極めて高いといえます。

創業融資は行政書士にお任せください

飲食店の創業計画書をあなたの代わりに行政書士が作成いたします。

いくら上記の1~7の条件をクリアしていても、それだけでは創業融資を利用することはできません。なぜなら、創業融資を利用するためには、創業計画書というものを作成して金融機関に提出しなければならないからです。この創業計画書には、あなたの創業動機はもちろん、創業資金の内訳や売上・返済計画などを作成する必要があります。

また、その他にもここでは書ききれなかった申請者ごとの個別のポイントを加味した創業計画書を作成する必要があります。

よく融資は1発勝負だといいますが、創業計画書は慎重且つ現実的に作成しなければなりません。1度提出した申請書類は金融機関の履歴に残ってしまいます。創業融資を利用する場合はしっかりした創業計画書を作成する必要があります。

しかし、開業前の忙しい時期、創業計画書を作成する時間がない方も多くいると思います。そこで、当事務所ではお客様の代わりに創業計画書を作成する代行サービスを始めました。

上記の1~7の条件をクリアしているお客様限定ですが、創業計画書作成サービスを格安に提供いたします。
(ただし、上記の6の開業しようとしている業種で勤務経験が6年以上ある方は、その他の条件をクリアしていない場合でも受付できる場合がございますので詳しくはお気軽にお問合せください。)

当事務所では年間200件以上の飲食店経営者様から様々なご相談・ご依頼があります。また、居酒屋や喫茶店をはじめ、スナックやクラブなどのお店の経営者の方とも積極的に情報交換をしております。

今までの経験を活かして、あなたの融資をかなり高い確率で獲得いたします。

まずは、下記のメールフォームからお申込みください。お電話でも受付しております。

創業融資の料金表

お気軽にお問い合せください。 TEL 03-6458-2614 営業時間(日曜・祝日は休み)
平日 10:00~18:00
土曜(休みあり) 10:00~15:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

内装工事業者を選ぶポイント

PAGETOP
Copyright © 独立コンサル AJ行政書士事務所 All Rights Reserved.