保健所営業許可及び深夜営業許可に必要な書類や申請書の書き方について解説しています。東京都を中心に年間300件以上の飲食店から相談を受けております。

MENU

届出要件

深夜酒類提供飲食店を営業するための要件

深夜酒類提供飲食店営業開始届を届出するためには営業所(お店)が以下の要件をクリアしている必要があります。

  1. 店舗の所在地が原則として住居専用地域でないこと
  2. 客室の出入口に施錠設備を設けないこと
  3. 客室の内部に見通しを妨げる設備が無いこと
  4. 客室の床面積が9,5㎡以上あること(客室の数が1室の場合は除く)
  5. 善良の風俗を害するおそれのある写真・公告物・装飾等の設備がないこと
  6. 騒音・振動の数値が条例で定める数値以下であること
  7. 客室内の照度が20ルクス以下でないこと

1 店舗の所在地が原則として住居専用地域でないこと

深夜酒類提供飲食店を営業するためには、深夜酒類提供飲食店が営業出来る地域である必要があります。
この地域のことを用途地域といいます。
例えば都内ですと、深夜酒類提供飲食店が営業できる用途地域は商業地域や近隣商業地域などです。
(場所によっては例外あり)

用途地域とは

2 客室の出入口に施錠設備を設けないこと
(ただし、営業所外に直接通ずる客室の出入口についてはこの限りでない)

客室に鍵をかけてはいけません。
客室とは深夜酒類提供飲食店営業開始届で届出する書類上の客室をいいます。
この書類上で届出した客室に鍵をかける行為をしてはいけません。

3 客室の内部に見通しを妨げる設備が無いこと

見通しを妨げる設備とは、柱や壁はもちろん、イスや植木なども該当することがあります。
高さでいうと1メートル以上のものを指します。
これらが見通しを妨げる場合はこれらの設備を取り除くか、客室を2室以上に分けて届出をする必要があります。

4 客室の床面積が9,5㎡以上あること(客室の数が1室の場合は除く)

客室が2室以上ある場合は、それぞれの客室の大きさは9,5㎡以上なければなりません。
9,5㎡というとかなりの大きさです。
20名くらい入るような大きさになります。
3でも書きましたが、仮に見通しを妨げる設備があって客室を分ける必要があったとしても客室1室の大きさは9,5㎡以上なくてはいけません。

5 善良の風俗を害するおそれのある写真・公告物・装飾等の設備がないこと

6 騒音・振動の数値が条例で定める数値以下であること

7 営業所内の照度が20ルクス以下でないこと

店内の照明を必要以上に暗くして営業してはいけません。

お気軽にお問い合せください。 TEL 03-6458-2614 営業時間(日曜・祝日は休み)
平日 10:00~18:00
土曜(休みあり) 10:00~15:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

内装工事業者を選ぶポイント

PAGETOP
Copyright © 独立コンサル AJ行政書士事務所 All Rights Reserved.